ヘアマニュキュアの特徴

頭皮にやさしいヘアマニュキュア

現在では、お洒落染めや白髪染めなど様々なヘアカラーがあり、お洒落にはかかせないものです。
しかし、人間の肌が弱酸性であるのに対して、ヘアカラーはアルカリ性の薬剤なため、とても頭皮に負担がかかってしまいます。
長く使い続ければダメージを受け、抜け毛や薄毛の原因にもなりかねません。
一方、ヘアマニュキュアは酸性の薬剤なため、髪や頭皮にとてもやさしく、ダメージを与えることはありません。
表面に付着したヘアマニュキュアによって、髪がコーティングされるため、ツヤやコシが出ます。
個人差はありますが、その効果は約1か月程度持続します。
ヘアマニュキュアは、髪の表面に色が付着している状態なので、シャンプーをする度に少しずつ色味が剥がれ落ちていきます。
しかし、ヘアカラーが退色した時のように茶色く傷んだような色になる事はなく、元の髪色に戻るだけなので安心です。
美しい髪を維持していくには、頭皮にやさしいヘアマニュキュアで染めるのがオススメです。

頭皮についたヘアマニュキュアの落とし方

自分で自宅でヘアマニュキュアを行って、頭皮についてしまった!という時には、付属のリムーバーを使って落とすようにメーカーでは説明しています。
しかしそれを行っても落とせない時には、どうすれば良いのでしょうか。
まずはシャンプーを行います。
ヘアマニュキュアがついてしまった部分を重点的に、指の腹で優しく洗います。
2~3度程度で落ちると言われていますが、それでも落ちない時には付属のリムーバーをコットンなどに摂り、ヘアマニュキュアがついてしまった部分にガーゼを抑える医療用のテープなどで貼り付けてしばらく置きます。
その後、コットンを剥がすと落ちていることが多いです。
どうやっても落ちないからと言って、除光液などを使うのは危険ですので行わないようにしましょう。
ヘアマニュキュアを行っている最中にでも、頭皮に着いたのがわかった時に拭き取れば着色を防げます。
また頭皮についてから時間が経ってからでは落としにくくなってしまうので、気づいた時点ですぐに落とすようにします。

Copyright 2015 ヘアマニュキュアを整える All Rights Reserved.