ヘアマニュキュアの特徴

ヘアマニュキュアの染め方の注意点

ヘアカラーをしたいけれど、髪の傷みが気になるという場合にはヘアマニュキュアをおすすめします。
少し気になり始めた白髪を目立たなくしたいという方には最適です。
元の髪の色を明るくしないので、染めているということも気づかれにくいです。
ヘアマニュキュアは髪の毛内部には浸透せず、表面に付着しますので、施術前には必ずシャンプーで汚れや皮脂、スタイリング剤を洗い流してください。
コンディショナーは不可です。
染め方は、髪の毛を襟足の方から1~2センチスライスながら、根元から塗布します。
スライスを取らずに表面から染めると、根元の方までカラー剤が届きにくくなります。
ヘアマニュキュアで染める場合に注意すべき点は、地肌にカラーがつかないように気を付けることです。
肌につくとなかなか色が落ちません。
タオルで鉢巻をして、シャワーキャップをかぶり、ドライヤーで10分ほど温めます。
その後シャワーキャップを取って、キューティクルを引き締めてカラーの落ちを防ぐためにドライヤーの冷風を当てます。
5分ほど冷風を当てたら、シャンプーで余分な染料を洗い流しましょう。

ヘアマニュキュアの正しい染め方について

ヘアマニュキュアを自分で染める方も多いでしょう。
美容室にいけばキレイにムラなく染めてもらえることは分かっていても忙しい中予約して足を運ぶのが厳しい方もおられます。
そんな方にはお家で手軽に染められると便利です。
まず、ヘアマニュキュアの正しい染め方は、お肌の敏感な方や生理中など敏感になりやすい方はパッチテストをされてからがよいでしょう。
パッチテストで問題なければその日にできますが、まずは生え際に液をつけていきます。
髪の毛を溶かしながらつける場所を変えて、まず表面、そして中など丁寧いにしていきます。
コームで溶かしながらするとムラなくつきやすいです。
そして、生え際につけ終わると毛先にいきます。
ただし、毛先はほぼ前の液がついていたり痛んで明るい色味になっていることが多いので、そこまでたくさんつけなくても十分です。
液をつけ終わると、ヘアマニュキュアの種類にもよりますが、20分〜30分くらい置いてあとはシャンプーとトリートメントをして終わりです。
髪が痛みやすいのでトリートメントは必須です。
また、注意点として、ヘアマニュキュアをするときは汚れてもよいぬぎやすい服を着て行うことです。

Copyright 2015 ヘアマニュキュアを整える All Rights Reserved.