ヘアマニュキュアの特徴

ヘアマニュキュアの時もパッチテストを行おう

人によって体質は違い、染料などで肌が荒れてしまう事は珍しくありません。
また体質や女性の場合はホルモンのバランスによっても肌荒れを引き起こしてしまう可能性があるので、ヘアマニュキュアを利用する時もパッチテストを行う方が無難です。
パッチテストは肌の目立ちにくい部分、例えば二の腕のうち側等に使おうと思っているヘアマニュキュアを塗って行います。
それを行ってかゆくなったり刺激を感じたりしないかをチェックしましょう。
もし何らかの異変を感じた場合は、もしかしたら実際に利用してしまうと肌トラブルを起こしてしまう可能性があるので、今回は見送る方が無難です。
もちろん、パッチテストを行わなくても何も肌トラブルが起きない人もいますが、人によっては思わぬ状態になってしまう事も珍しくありません。
前回利用した時は平気だったとしても、今回は何らかの刺激を感じる可能性もあるので、忘れずに毎回チェックしてから利用する方が無難です。

ヘアマニュキュアのパッチテストが必要な場合には

ヘアマニュキュアは、ヘアカラーのように髪の中にまでカラーを浸透させるわけではなく、表面に着色させるだけですので、本来はパッチテストは必要ありません。
しかし、肌が敏感になっている方やアレルギーやアトピー、その他皮膚トラブルを抱えている方は、配合成分でかぶれやかゆみ、湿疹を起こす可能性があります。
重篤な皮膚疾患を起こさないためにも、ヘアマニュキュアを使う前にパッチテストをして、自身の肌に合うかどうかを確認したほうがいい場合があります。
パッチテストをするには、腕の内側などの目立たない場所にヘアマニュキュアをごく少量塗ります。
目安は綿棒にとって10円玉くらいの大きさに、薄く伸ばすように塗ります。
塗った所は2日間程そのままにしておきます。
服や肌着に付けないように、塗った箇所をよく乾かしてから身に付けるようにしましょう。
塗ってから30分位して痒みや腫れ等の異常が出たら、速やかに落とすようにします。
大丈夫なようだったらそのままにしておきます。
2日経っても何のトラブルも起きていないようでしたら、そのヘアマニュキュアは肌に合っているので、使っても問題はありません。

Copyright 2015 ヘアマニュキュアを整える All Rights Reserved.