ヘアマニュキュアの特徴

ヘアマニュキュアを持続させる方法

折角ヘアマニュキュアをしたのですから、その色を長期間持続させたいものです。
通常のヘアマニュキュアの持ちは2か月程度と言われています。
その持ちを良くする方法にはどのようなものがあるのでしょうか。
美容院で行った場合には、匂い等が気になるかもしれませんがすぐに髪を洗わないようにします。
まだ色がしっかりと定着していないため、色が落ちてしまう可能性があります。
ヘアマニュキュア専用のシャンプーやリンスを使うことでも色が持続します。
髪の摩擦も色が落ちてしまう原因になるので、シャンプー後に濡れた髪をこすりすぎないようにしましょう。
ドライヤーの熱も色落ちの原因となるため、長時間のドライヤーを避けたり、紫外線にも当たらないような工夫を行います。
自分で行った場合には、最初にヘアマニュキュアを行う前にシャンプーを行わないようにしましょう。
シャンプーに配合されているシリコンのせいで色が入りにくくなってしまいます。
シャンプーは前日までに済ませるようにします。

ヘアマニュキュアの色を持続させる

ヘアマニュキュアは髪の毛の外側だけに色を付けるので、落ちやすいのがデメリットです。
しかしいくつかのポイントを気を付けると、できるだけ長く持続させられます。
まずお風呂では熱いお湯を使いません。
熱めのお湯はコーティングを剥がすので、いつもより少しぬるいくらいのお湯が適切です。
またシャンプーを使用量を減らします。
ヘアマニュキュアで染めた日はシャンプーを使わないのが良いです。
1日経過しても、常に落ちやすい状態が続くので、最小限のシャンプーで洗います。
事前にヘアブラシで髪の毛の汚れをはらうと、汚れ落ちも良くなります。
リンスやコンディショナー、トリートメントは、ヘアマニュキュアと性質が似ており、混ざり合って一緒に流れてしまうので、髪の毛のダメージが気にならない時は使わなくても良いです。
どうしても髪の毛をいつも通り洗いたい場合は、少し高いですがヘアマニュキュア専用のシャンプーやトリートメントを使うと、発色を持続できます。

Copyright 2015 ヘアマニュキュアを整える All Rights Reserved.